宮内工務店
木の常識、非常識


・木は節があってあたりまえ

節は枝の痕跡です。枝が生きたまま、包み込まれたのが生節(いきぶし)です。枯れてから包み込まれたのが、死節(しにぶし)です。死節は幹とつながっていないため、抜けてしまうこともあり、その場合は木片を詰めて、補修をします。全く節の無い材は「無節」といい、最高級品として珍重され、小さな生節が少しある材は「上小節」といい、上等されますが、節があっても強度が劣るわけではありません。誰もが木に枝があるのは当たり前と知っているのに、材木になると、無節に価値を求めるのはちょっとおかしいとは思いませんか?「1等材」といわれる節のある安価な木材を、節も味わいと考えて、使ってみる事をお勧めします。

Next


知ってお得な情報トップへ

ホーム