宮内工務店
木の常識、非常識


・木の家は地震に弱くない

木造の家は、鉄筋コンクリート造りの家より、地震に弱いと思われているようです。確かに阪神淡路大震災では、木造住宅が莫大な被害を受けました。しかしそれは、木造住宅の数の多さと、メンテナンスが正しくなされていなかった為に、大切な個所が腐ったり、シロアリでやられていたり、施行不良があったというような木造その物の問題ではない原因が数多くあったのです。そもそも重さあたりの比強度において、優れている木材で作られた木材住宅は、その重量が鉄筋コンクリート造りの家より軽くなります。自身のエネルギーは建物の重さに比例して、重い建物ほど大きなエネルギーがかかってきますから、軽い木造の方が、地震力にうまく抵抗する事が出来ると言えます。地震力や台風時の風圧力に対し、しっかり考えられ、さらに長持ちする為の工夫がなされた家ならば、大きな地震でも簡単に壊れる事はありません。

Back Next


知ってお得な情報トップへ

ホーム